復生記念館

日本で初めてのハンセン病療養施設として長い歴史を後世に残す記念館です。

復生記念館について

神山復生病院は、1886年(明治19年)、パリ外国宣教会のジェルマン・レジェ・テストウィド神父(1849~1891)が宣教の中、一人のハンセン病者と出会い、社会で放置された同病者の救済を思い立ち、御殿場の鮎沢村(現在の御殿場市新橋[にいはし]に家屋を借用して6名の患者を収容したことから始まりました。

その後、神山に場所を移し、日本初のハンセン病の療養施設として多くの病者が治療生活を送ってきました。そして、1943年に開発された特効薬プロミンによりハンセン病は不治の病から治る病になりました。

ハンセン病への理解とここで暮らしてきた方々の歴史を後世に残すために、1897年(明治30年)に建てられて、2002年(平成14年)まで事務所として使われてきた建物を記念館として開館。ハンセン病の長い歴史を伝える資料を展示しています。2016年(平成28年)、創立時の姿に復元しリニューアルオープンいたしました。

ロビー

展示室1「復生のあゆみ」

展示室4「司祭室」

復生記念館別館のご案内

  • 「井深 八重 特別展」(5月15日~8月31日予定)開催中
  • 藤島 佳二作「生きて還る」展示中

開館日とお問い合わせ

見学を希望される方はお電話でお問い合わせ下さい。

開館時間月曜日~金曜日:9時~16時
土曜日:9時~12時
休館日日曜・祭日
入場料無料
お問合せTEL:0550-87-3509(朝9時から受付)

復生記念館への寄付のお願い

復生記念館復元の際のご支援に感謝いたします。
引き続き記念館のためにご協力をお願い申し上げます。

ゆうちょ銀行からのご寄付

振込口座番号00880-8-35287
加入者神山復生病院
ページの先頭に戻る