医療倫理と職業倫理

医療倫理

私たち医療従事者は、医療倫理の四原則に基づき、患者様を中心とした最適な医療を提供するために、医療の水準の向上に努めます。

行動指針

  1. 患者様の人格、信仰、意思を尊重し、説明と同意に基づく患者様の自己決定を優先します。
  2. 患者様の利益を最優先し、公正かつ公平な医療を提供します。
  3. 患者様のプライバシーを尊重し、守秘義務の遵守と個人情報の保護を徹底します。
  4. 医療現場において起きるさまざまな倫理的問題は、倫理委員会および各種委員会で十分審議を行い、その結果に基づいた医療を提供します。

医療倫理の四原則

  1. 自立尊重原則
    患者が治療上の決定を下すために必要な情報を開示し、自律的な決定を推進する事。
  2. 善行原則
    他人の利益のために行為すること。
  3. 無危害原則
    危害を引き起こすことを避ける。危害のリスクを負わせない。
  4. 正義原則
    全ての人を公平に治療する。

職業倫理

私たち医療従事者は、患者様からの社会的・道義的な信頼を確保しなければならない。
そのためには、患者様にとって最も望ましい医療サービスが提供できるように、研鑽を積む必要がある。
同時に、患者様の権利もまた十分に守らなければならないことを常に意識しておくことが重要である。

  1. 生涯学習の精神を保ち、常に知識と技術の向上に努める。
  2. 医療従事者としての尊厳と責任を自覚し、人格を高める努力を惜しまない。
  3. 医療を受ける人々の人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容について丁寧に説明を行い、信頼を得るよう
     に努める。
  4. 互いに尊重し、関係者と協力して医療に尽くす。
  5. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに法規範の遵守及び法秩序の形成に努める。

上に戻る