平成29年度 目標

<法人本部>

1. 病院の理念を職員に徹底させ各業務に活かせるために職員教育に力を注ぐ。その為に有識者を招聘し職員研修を行う。

 

2. 神山復生病院の長い歴史と特徴を風化させないために、復生記念館(別館を含む)を十全に活用し内外の協力を得ながら、

  貴重な資料を紹介していく。

 

3. 復生病院のより一層の充実を図るために病院との連携を密にし、広報活動に力を注ぐ。

 

4. 常任理事会を原則として月一回開催し、病院の諸問題解決に積極的に協力する。

 

5. 法人役員は必要な研修会に参加し、自己の職務の充実に努める。

 

 

<病院>

1. 病院経営の改善及び健全化に努めるために、創意工夫する。

 

2. より一層高度の医療と看護・介護に努める

 

3. 報告・連絡・相談を密にして、異なる職種間の相互理解と和を計る。

 

4. 病院理念、患者憲章、医療倫理の理解を求め、職員はこころのゆとりを保ち、入院者、来院者に好感と安心感を与えるよう常に心掛ける。

 

5. 病院は、職員に必要な研修の場を提供すると共に、職員各自は自己の研鑽に努める。

 

 

平成29年 4月 1日

一般財団法人 神山復生会  理事長 畠山 敬一

上に戻る