患者憲章

 私たちは、科学的で安全性の高い親切な医療を、患者さまと医療従事者の『共同の営み』として継続・発展していくために、ここに 『神山復生病院患者憲章』 を定めます。

患者様が自分の生命や健康にかかわる医療情報を共有し、医療に主体的に参加することは、これからの医療に必要不可欠のものとなっています。

私たちは、健康や福祉を妨げるあらゆる問題を共同の力で克服し、真に患者様の立場に立った医療を実現するために『患者憲章』を日常医療に活かします。

患者憲章

  1. あなたは、社会的地位、疾病の種類、国籍、性別、宗教などに差別されることなく、良質な医療を公平に受けることが出来ます。
  2. あなたは、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、尊厳をもって医療を受けることが出来ます。
  3. あなたは、理解しやすい言葉や方法で病気、検査、治療、見通しなどについて、十分な説明と情報を受け、治療方法などを選択し、自らの意思でこれを受けることと、拒否する事ができます。
  4. あなたは、あなたの病気に関して、他の医師の診察を受け、意見をお聞きになりたいというご希望も尊重されます。(セカンド・オピニオン)
  5. あなたは、医師及び医療機関を自由に選ぶことができ、他の医療機関には、当院において受けた診療に関する情報を求めることができます。
  6. あなたは、医師及び病院関係者が診療の過程で知り得たすべての個人情報について守られる権利があります。
  7. 以上の権利を守るために、あなたは、医師及び医療従事者と力を合わせて医療に参加、協力する責任があります。
  8. 医師及び医療従事者は、「法令」及び「自らの良心」に反する医療行為については、あなたの要求があっても、それを行わない権利があります。

上に戻る